お気軽にお問合わせ下さい
営業時間9:00〜19:00》

住まいのお役立ち情報

中古物件購入時に一緒に申し込みたい団体信用生命保険

住宅ローンを契約する時に加入条件になることが多いのが団体信用生命保険。

聞きなれない言葉なので、一体どんなものかわからない人も多いのではないでしょうか?

 

そこで今回は中古物件を購入時に加入したい団体信用生命保険について詳しく解説します。

 

 

団体信用生命保険とは

 

団体信用生命保険は住宅ローン専用の生命保険です。

住宅ローンの契約者が死亡もしくは、高度障害状態になってしまった時に、ローンの残額の支払いが免除になる生命保険です。

 

一般的には団信と呼ばれています。

フラット35の場合、団体信用生命保険への加入が義務付けられていませんが、それ以外の住宅ローンの場合は契約時に加入が義務付けられているケースが多いです。

そのため住宅ローンの契約時に一緒に手続きを行います。

 

 

団体信用生命保険に加入するメリットは

 

団体信用保険の一番のメリットは、住宅ローンの契約者が亡くなってしまった時に、残された家族を経済的リスクから守ってくれることです。

 

住宅ローンの返済は10年から長い人で30年と長い期間続きます。

そのため住宅ローンの返済中に契約者が亡くなってしまうことも。

 

もし住宅ローンの支払い途中に契約者が亡くなってしまうと、残されて家族に大きな借金が残ってしまいます。

もし残された家族に住宅ローンの支払い能力がない場合は、せっかく手に入れたマイホームを手放す事態に陥ってしまうことがあります。

 

つまり団体信用生命保険に加入することでこのような事態を避けることが可能です。

 

 

団体信用生命保険の種類別の特徴

団体信用生命保険にはいくつか種類があります。そこで次はそれぞれの種類の特徴について紹介しましょう。

団体信用生命保険

一般的な団体信用生命保険は契約者が死亡もしくは高度障害になった場合に、住宅ローンの支払いが免除されます。

 

ほとんどの金融機関で住宅ローンの契約時に加入が義務付けられています。

そのため知らないまま加入しているケースもあります。また団体信用生命保険の保険料は無料です。

 

三大疾病特約付団体信用生命保険

三大疾病特約付団体信用生命保険は死亡もしくは高度障害になった時に住宅ローンの支払いが免除されます。

 

それ以外に三大疾病(がん、脳卒中、急性心筋梗塞)で所定の状態になった時にローンの支払いが免除もしくは、一定期間は毎月住宅ローンを支払い、一定期間を超えても症状が続いた時はローンの支払いが免除になるタイプなど保障が2段階になっているものもあるんです。

所定の状態は商品によって異なるため加入時に事前と確認が必要です。

 

また気になる保険料ですが、金融機関によって異なりますがおおよそ金利がおおよそ年0.25%程度上乗せされます。

 

八大疾病特約付団体信用生命保険

八大疾病特約付団体信用生命保険は死亡もしくは高度障害になった時に住宅ローンの支払いが免除されます。

 

それ以外に八大疾病で所定の状態になった時にも住宅ローンの支払いが免除されます。

八大疾病はがん、脳卒中、急性心筋梗塞、糖尿病、高血圧性疾患、肝硬変、慢性膵炎、慢性腎臓病ことです。

所定の状態は商品によって異なるため加入時に確認しましょう。

 

金融機関によって異なりますが、保険料はおおよそ金利が年0.3%程度上乗せされます。

 

引受緩和型団体信用生命

団体信用生命保険は生命保険の一種です。

そのため生命保険と同じように加入時に、告知書によって健康状態を申告する必要があります。

 

団体信用生命保険は生命保険よりも審査が緩やかなので健康状態によって加入できないケースが少ないです。

 

しかしながら病気の種類や症状、持病や既往症を持っている場合は加入ができないことも。

このような時は引受緩和型団体信用生命を選択するといいでしょう。

ただし三大疾病特約付きや八大疾病特約付きの団体信用生命保険よりも保険料が割高になってしまいます。

 

 

団体信用生命保険に加入時に確認しておきたいこと

団体信用生命保険は住宅ローンの契約時の条件になっていることが多いため、返済が始まってから加入することができません。

契約変更もできないので、加入後に後悔しないために確認しておきたいことを紹介します。

団体信用生命保険ではカバーできないリスクがある

団体信用生命保険はあくまで死亡もしくは高度障害になった時に住宅ローンの支払いが免除になる保険です。

そのため病気やケガで長期入院をしてしまい、働けなくなってしまったとしても住宅ローンの支払いが免除になりません。

 

団体信用生命保険では働けなくなった時の経済的リスクに備えることができないんです。

もし働けなくなった時にリスクに備えたいなら三大疾病特約付きや八大疾病特約付きの団体信用生命保険を選択するか、就業不能保険で備える必要があります。

 

健康状態によって加入できないケースがある

団体信用生命保険は健康状態によって加入できないケースがあります。

このような場合は引受緩和型の団体信用生命を選択し、住宅ローンを組むことになります。

 

またフラット35は団体信用生命保険の加入義務がないので、フラット35と引受基準緩和型や無選択・無告知型の生命保険の組み合わせを検討するといいでしょう。ただしどちらの場合も保険料が割高になってしまいます。

 

保障がダブってしまう可能性がある

団体信用生命保険は契約者が死亡もしくは高度障害になった時に住宅ローンの支払いが免除されます。

 

すでに生命保険に加入している場合は保障がダブってしまうことも。

生命保険に加入している場合は、住宅ローンを契約するタイミングで保険を見直すことで保険料を節約できることがあります。

 

 

まとめ

団体信用生命保険は契約者が亡くなった時に残された家族を経済的リスクから守ることができる強い味方です。

 

住宅ローンの契約時に一緒に手続きするケースが多いため、知らずに加入してしまって保障がダブってしまうこともあります。

ぜひ住宅ローンの契約をする時は、団体信用生命保険についてもしっかり確認してくださいね。