お気軽にお問合わせ下さい
営業時間9:00〜19:00》

住まいのお役立ち情報

年収とローンの関係と「買える住宅の目安」

住宅購入の際に、多くの方が利用するのが「住宅ローン」。

「自分の年収でいくら借りれるのか」「住宅ローンの目安はいくらだろう」など、借入額の目安を知りたいという声をよく耳にします。

一方で、よく聞かれる「住宅ローンは年収の◯倍」を鵜呑みにすると、身の丈に合わないローンを抱えてしまうことも。

そこで、本記事では住宅ローンの借入額についての考え方と現実的な借入額の目安についてご紹介します。

 

 

 

住宅ローンは年収の◯倍を鵜呑みにしない

 

住宅ローンについてよく聞かれる、「住宅ローンは年収の5倍以内に収める」や「年間返済額を年収の25%以内に収める」といった話を鵜呑みにしないようにしましょう。

自分が返済できる金額は、年収や家族構成、ライフスタイルによって大きく変わります。

 

セールストークとして広く利用されることからも、こうした話は購入を考えている人のハードルを下げる狙いがある、といえるでしょう。

不動産の購入は、多くの方にとって現実味のない価格。

検討を重ねるうちに徐々に金銭感覚が麻痺してくることも。

年収の◯倍といった話は、購入を迷っている人に納得感を与え、買うための理由を与えてしまうので注意が必要です。

 

 

 

返済できる金額から借入額を考える

「いくらの借入額なら無理なく返済できるか」について、これはその人の生活の置かれた環境次第だといえます。

そのため、返済可能な金額については自分で計算する必要があります。

そうは言っても、どこから手を付ければ良いのか分からない方も多いでしょう。

ここからは、返済可能な金額を考えるポイントについてご紹介します。

今の家賃を基準に

現在、賃貸マンション・アパートにお住まいの方は、家賃から計算するのが最も簡単なやり方です。

今の家賃に、35年もしくは30年など借入期間を掛け合わせて、総額いくら支払えるのかを計算します。

この際、マンションの場合は管理費・修繕積立金を除いた金額を出します。

近年、維持管理にかかる費用は以前に比べ高額になっているので注意が必要です。

 

年齢を考える

住宅ローンは最大35年まで組むことが可能です。

一方で、完済時の年齢は厳しくチェックする銀行も多く、80歳もしくは75歳を超えないようプランを組む必要があります。

つまり、返済期間35年で借り入れるためには、40歳までに住宅ローンを組む必要があるということ。

返済期間が5年違えば、毎月の支払額が数千円から数万円変わるため、長期のローンを組むなら若いほうが、月々の負担を軽くできます。

住宅ローン以外にかかるお金

住宅ローン以外のお金とは、日々の生活コストのことです。

特に子どもがいる家庭は、ライフプランをしっかり立ててから計算する必要があります。

子どもの進学や部活動などを計算に入れて、返済できる金額をシミュレーションする必要があります。

 

【年収別】住宅ローン借入額の目安

ここからは、年収別に住宅ローン借入額の目安を見ていきましょう。

借入額の目安については、フラット35の公式HPの「毎月の返済額から借入可能金額を計算」を使い試算しています。

※金利1.18%、返済期間35年、ボーナス返済なし、返済方法は元利均等で計算

 

年収300~400万円

年収が300〜400万円の場合、ボーナスが年2回2ヶ月だとすると月の収入は25万円前後になります。

手取りで18万円ほどです。

そこから生活費などを考慮すると、月々の住宅ローンの返済に当てられる金額は5〜7万円として計算してみます。

年収500~700万円

年収が500〜700万円の場合、大手企業に勤務している方を想定しボーナスを年2回5ヶ月とすると月の収入が30〜40万ほどとなります。

手取りはおおよそ20万円後半です。

賃貸に住んでいる方は、10万円前後の家賃を払っている方も多いでしょう。

そこで、月々の住宅ローンの返済額を9万円から12万円で計算してみます。

年収800〜1,000万円

年収800〜1,000万円になると、生活に少しゆとりが出てきます。

一方で、生活水準が上がり外食や旅行などでそれほど余裕のない方も多いでしょう。

ボーナスは先ほどと同じ年2回5ヶ月とした場合、月収は50〜60万円ほどです。

手取りが40万円台になります。

生活費が増えることを考慮し、月々の住宅ローンの返済額を13〜16万円として借入額の目安を計算してみます。

 

 

シミュレーションサイトを利用する

 

年収別に月々の返済額と借入額の目安をご紹介しましたが、配偶者の有無や子どもの人数、生活スタイルなどの違いから、住宅ローンの返済に当てられる金額は人それぞれです。

そこで、自分の生活スタイルに合わせて相談できる、当社のコンサルタントへご相談ください。無料で最適な資金計画を作成いたします。

フラット35

先ほどの試算に利用したのは、フラット35の公式HPに用意された「毎月の返済額から借入可能金額を計算」というページです。

毎月の返済額と融資金利に加え返済期間、返済方法を入力することでフラット35の借入可能額の目安を計算することができます。

融資金利については、21年以上の借入の際に設定されることの多い「1.18%」を目安に計算してみましょう。

住宅ローンの金額は月々の支払額から試算するのがおすすめ

よく住宅ローンでは年収の◯倍が目安といった話を聞きますが、限度額を指すケースが多く、実際に支払っていくのはかなり厳しいです。

そこで、記事でもご紹介したように、現在の家賃などを参考にしながら月々に支払える金額から考えるのがおすすめ。

簡易的にシミュレーションできるサイトなどを活用し、どのくらいが自分に適した借入額なのか、実際に計算してみましょう。