お気軽にお問合わせ下さい
営業時間9:00〜19:00》

住まいのお役立ち情報

不動産を買うとは?

「マイホームがほしい」

 

そう思って、色々と調べるものの、情報が多すぎて何から手をつけていいかわからない。

そう感じる方も多いのではないでしょうか?

そこで今回は、「不動産を買うとは?」と題して、居住用不動産の種類と、不動産購入の際に気をつけたいことについてお伝えいたします。

一口に不動産と言っても、種類は多岐にわたります。

居住用不動産としては、

 

・新築マンション

・中古マンション

・新築戸建

・中古戸建

・注文住宅

・土地から購入する注文住宅

 

の6つがございます。

今回は、それぞれのメリットやデメリット、特長についてご紹介いたします。

皆様のライフスタイルに適した物件探しの一助になりますと幸いです。

 

 

新築のメリットとデメリット

まずは、新築と中古のメリットとデメリットについて、それぞれ見ていきます。

 

【新築のメリット】

・建物も内装も新しいのでキレイ

・最新の住宅設備を利用できる

・建物の保証期間が長い

・税制面での優遇

・修繕費が少なくて済む

 

【新築のデメリット】

・物件価格が高め

・立地が限られていることが多い

・実物を見ないで決めることになる

・近隣にどんな人が住むことになるかわからない

 

【中古のメリット】

・新築に比べて価格がお手頃

・近隣にどんな人が住んでいるのか事前に確認できる

・どこでも売りに出る可能性があるので、希望の立地を選びやすい

・リフォーム/リノベーションで、希望の間取りや設備、デザインにアレンジ可能

 

【中古のデメリット】

・修繕費やリフォーム/リノベーションに別途費用がかかる

・築年数が20年以上経っている場合は、住宅ローン控除が受けられないことも

 

 

戸建と注文住宅のメリットとデメリット

【戸建のメリット】

・土地と建物が自分の資産

・住戸が広い

・月々の管理費がかからない

・音のトラブルが少ない

・新築の場合、税制面の優遇措置が豊富

・庭といった外回りを自由に使える

・リフォームや増築が自由にできる

 

【戸建のデメリット】

・修繕費の計画的な積立が必要

・最寄り駅まで遠い物件が多い

・庭など外回りの管理が必要

・セキュリティ面がマンションより脆弱

 

【注文住宅のメリット】

・自分たちだけのオリジナルの家

・自由度が非常に高い

・予算を掛ける部分と節約する部分の名ハリをつけられる

 

【注文住宅のデメリット】

・コストが高くなる

・完成までに時間がかかる

・土地探しからスタートする場合、1年位かかることもある

 

 

マンションのメリットとデメリット

【マンションのメリット】

・セキュリティが楽で安心

・通勤通学に便利な駅地下物件が多い

・冷暖房の効率がいい

・耐震・耐火など耐久性のあるものが多い

・共用部のメンテナンスは管理会社に任せることが多いのでメンテナンスがラク

・高層階であれば眺望が楽しめる

・物件によるが、戸建よりも購入価格が抑えめ

 

【マンションのデメリット】

・上下左右の住戸と音のトラブルが発生しやすい

・管理費や修繕積立金、駐車場費用が必要

・ペットが飼えない、制限がある

・庭がない(ある場合固定費が発生)

 

 

ここまで、それぞれのメリットとデメリットについてご紹介しました。

ここからは、より最適な住まいを叶えるための、不動産購入時に気をつけたいポイントについてお伝えいたします。

 

 

不動産購入は「自分主体」で!

不動産を選ぶ際にしっかり把握しておきたいのが、ライフプランと資金計画です。

というのも、条件の良い物件が出てくると、無理にその物件に合わせようとすることがよくあるからです。

物件に合わせたローンを組む検討をしている間に、他のお客様に先を越されたり、運よく物件を手に入れられたとしても、のちのち支払いが苦しくなってしまった、というケースもあります。

大事なのは、自分主体で検討すること。

物件に合わせるのではなく、ご自身のライフプランと資金計画をブレずにもっておくことで、自分に合うかどうかの判断をしやすくなり、結果的に最適な住まいとの出会いが近づきます。

物件探しで迷いが生じた場合や基準がブレてきたと感じた際は、一度、自分軸に立ち返って検討されるのも一つの方法です。