お気軽にお問合わせ下さい
営業時間9:00〜19:00》

住まいのお役立ち情報

住宅メーカーは決まった、土地はどうする?賢い家の探し方

今回は実際にあった事例をご紹介しながら、上手な家の探し方のポイントをお伝えいたします。

住宅メーカーは決まり、あとは建てる土地を購入するだけというEさんご夫妻。

なかなか条件に合った立地は少なく、土地探しに苦戦されているご様子でした。

そもそも通勤や通学、買い物にも便利な好条件の更地を探すのはなかなか難しいものです。

そこで、ご提案させていただいたのが、中古物件を購入し、今ある建物を取り壊すというもの。

このアイデアに、

 

「えっ、お金が余分にかかるのでは?」

 

「取り壊すとなると時間も余計に……」

 

と不安顔だったEさんご夫妻でしたが、中古物件を利用した方がスピーディに、そしてご予算よりもお得にご希望に沿った暮らしが実現できたのです。

 

 

中古物件なら土地の調査が不要

土地に家を建てる場合、敷地調査が必要になります。

広さや面する道路の幅や位置、高低差、エリアの制限などのほか、地盤調査や建築基準法に適しているかなど、最初に家を建てていい場所かどうかの調査が必要になります。

調査の結果、地盤が弱いことが判明して工事費用が発生したり、防火エリアのために余分な材料費がかかったりすることも……。

また、更地から家を建てる場合は、外構工事や屋外電気工事も必要になります。

しかし、中古物件であれば敷地調査は不要、好立地の物件が多いのも特長です。

 

 

代わりに住宅メーカーに直接お話します

土地を自力で探す方もいらっしゃいますが、ここはやはりプロに任せた方が安心ですし、なにより早いです。

 

アンサー俱楽部にご相談いただければ、住宅メーカーさんと直接打ち合わせますので、問題が見つかったとしても、スピーディに解決することができ、お客様に手間を取らせないというメリットがあります。

 

 

意外と多い土地選びトラブル

土地だけを単独で探した場合、実際に建てようとした時点で建築制限に引っかかり、希望通りの家を建てられなかったケースが多く、

「駐車場を設けるはずが土地が足りず、別の場所に借りるハメに」

「予想以上に工事費用がかかった」

「希望の間取りにならなかった」

といった結果になることも……。

 

ちなみにEさんご夫妻は、ご希望通りのエリアで好立地の中古物件を手に入れ、中古家屋を取り壊して、新たに新築を建てることができました。

 

「土地を手に入れる」となると、どうしても更地をイメージしがちですが、アイデア次第で理想どおりの暮らしを手に入れることが可能です。

 

土地の購入についても、お気軽にご相談ください!