お気軽にお問合わせ下さい
営業時間9:00〜19:00》

住まいのお役立ち情報

人気のリノベーション!リフォームとの違いは何?

水回りが老朽化してきた・・・もうちょっとキッチンを使いやすいものにしたい…間取りを変更したい・・・何かしらの理由で今の住まいに手を加えたいと考えて情報を集めていると、リノベーションという言葉に出会うでしょう。そこで疑問に思うのが、リフォームとの違いです。

今回は、リノベーションとリフォームの違いやそれぞれの特徴をご紹介しますので、あなたにとってどちらが最適かを考えるヒントにしてくださいね。

 

 

リノベーションとリフォームの違い

リノベーションとリフォームには、実は国で定められたような明確な定義づけはありません。

そのため、施工業者やメディアによって、その捉え方や表現にばらつきがあるのが現状です。

ここでは、一般的なリノベーションとリフォームの意味や違いについてご紹介します。

 

リノベーション

リノベーションは、「刷新・革新」という意味の「renovation」から生まれた和製英語です。

ただ元通りに修繕するだけではなく、新築当時にはなかった新たな価値や機能を付け加える工事のことをいいます。

新たな価値の中には、デザイン性を求めるということも含まれるでしょう。

 

例えば、ファミリー向けの間取りを夫婦2人向けに変更する、ペットが暮らしやすいリビングに変更する、ホテルライクなリビングルームを作る、トレーニングルームやシアタールームを作る、といったように、新築当時よりもさらに良い空間を作ることを目的とした工事が、リノベーションにあたります。耐震補強工事も、リノベーションの一部です。

 

リノベーションというとリビングや家全体の大規模工事と思っている方も多いですが、新しい価値が加えられる場合は、トイレのみ、お風呂のみであってもリノベーションということになります。

 

リフォーム

リフォームとは、「改める」という意味の「reform」から生まれた和製英語です。

老朽化してしまったり、壊れて使えなくなったりしたところを、元に戻す工事のことをいいます。

長年住んだ家を、新築当時と同じ性能として使えるように原状回復するわけです。

 

例えば、汚れた壁紙を張り替える、穴が開いた床を張り替える、壊れたキッチンやトイレなどの水回りを入れ替えるなどの工事がリフォームにあたります。リフォームでは、建物の構造までは手を加えません。

 

リノベーションとリフォームの違い

このようにリノベーションとリフォームの違いは、「価値の追加:マイナスからプラスへ(リノベーション)」か「原状回復:マイナスから0へ(リフォーム)」という目的にあります。

工事の内容としては、リノベーションの中にリフォームが含まれることがありますが、意味合いとしてはリフォームをしたい(マイナスを解決したい)というところから次の選択肢としてリノベーションへとつながるので、リフォームの中にリノベーションがあるといえますね。

 

 

リノベーション・リフォームそれぞれのメリット・デメリット

リノベーションとリフォームで、自分たちに最適なのはどちらなのか悩ましいところだと思います。

そこでこの章では、リノベーション・リフォームそれぞれのメリット・デメリットについてご紹介します。

 

リノベーションのメリット・デメリット

*メリット

 

①空間設計の自由度が高い

リノベーションのメリットは、なんといっても空間設計の自由度です。

家族構成や趣味嗜好に合わせて好きな間取りやデザインに変更できます。

今のお住まいはもちろん、建て売りの新築やマンションの購入では叶わない希望を叶え、自分たちだけのオリジナリティあふれる空間を実現できるのがリノベーションです。

 

②資産価値が高まる

中古の物件は、年数が経過するほどその価値は下がっていきます。

しかしリノベーションによって価値が加えられれば資産価値が高まり、同じマンション内や同じエリアの物件よりも高値で売ることができるかもしれません。

また、中古物件を購入してリノベーションする場合は、物件そのものの資産価値の低下が新築よりも緩やかである点もメリットでしょう。

 

 

③注文住宅より安く、自分好みの空間が実現できる

新築を購入する場合と、中古物件を購入してリノベーションする場合では、立地などの条件にもよりますが20~30%ほど安く済むことが多いです。

建て売りではなく、好みの空間にするために設計から行なった場合、もっと大きな差が生まれます。

注文住宅には手が届かなくても、リノベーションであれば自分好みの空間が実現できる可能性があるでしょう。

またリノベーション前提で物件探しをする場合、新築物件を購入する場合や築浅物件を購入してリフォームする場合と比べて、選択肢が増えるというメリットもあります。

 

 

*デメリット

 

①費用、手間、時間がかかる

リフォームと比べると、費用と手間暇がかかります。

特にスケルトン(フル)リノベーションともなると1000万円を超える場合も多いですし、設計から工事完了までに半年以上かかることも少なくありません。

仕事や家事と両立して進めていくには時間と労力が必要であることを、覚悟しなければならないでしょう。

そして、リフォームであれば住みながら工事することも可能ですが、リノベーションの場合は仮住まいをしなければならず、その費用も発生します。

 

②耐震性に関する懸念がある

せっかく高い費用をかけてリノベーションをしても、耐震性が保たれなければその家に住み続けることができません。

1981年6月に大きな耐震基準の見直しがあったため、それ以前の建物であれば耐震工事に多大な費用がかかってしまうことになります。

そのため、同じ予算で築浅物件にリフォームする方が、快適に長く暮らし続けられる可能性もあります。

 

③完成後に後悔するパターンもある。

リノベーションは、大きくその機能性やデザインを変更することから、完成イメージがしづらく、完成後に後悔するというパターンも少なくありません。

 

リフォームのメリット・デメリット

*メリット

 

①費用、手間、時間が抑えられる。

リノベーションと比べると、費用、手間、時間がかかりません。

リフォームであれば、壁紙を選んだり、新しい設備を選んだりする程度の手間しかかかりませんし、例えば壊れたトイレだけを交換するのであれば、十万円代のコストで、1日だけで完了させることもできます。

もちろん、住んでいるままで工事ができるので、仮住まいも不要です。

 

②後悔が少ない。

リフォームは見た目や使い勝手に大きな変更は伴いません。

よってリフォーム後の完成イメージがしやすく、完成してから思っていたのと違った…と後悔することは少ないです。

 

③これまで通りの生活が続けられる。

元々の住まいが気に入っていて、これからもこれまで通りに暮らしていきたいという人にとってリフォームは最適です。

気になる部分をリフォームすることで、また元の生活に戻ることができます。

 

*デメリット

 

①理想の住まいの実現は難しい

現在の家や購入する中古物件に大きな不満がある人が、間取りの変更や機能の改善などを行わないリフォームだけで理想の住まいを実現するのは、難しい場合が多いです。

築浅物件のリフォームを検討している場合は対象の物件が少なく、理想的な物件探しが難航する可能性もあります。

 

②耐震補強はできない。

リフォームでは、基本的に表面的な劣化を回復させることになりますので、耐震補強などはできません。

耐震性に問題がある場合には、そのままリフォームで住み続けることは難しいです。

この点は、リノベーションも同じですね。

 

③資産性の高まりは期待できない。

リフォームはあくまでも内装や設備を新築同様の状態に戻すことなので、今の時代にあった魅力的な状態になっているとはいえない可能性が高いです。

それだけでは、売却の際に有利になることは期待できません。

 

 

最後に

予算が少ない方、不便なく暮らせれば十分だという方は、リフォームがオススメです。

また、同じ予算で、できるだけ築浅の物件であることを優先したい方も、リフォームを検討すると良いでしょう。

 

今の住まいに大きな不満や不便を感じている方や、住まいのデザイン性や機能性にこだわりがある方は、リノベーションがオススメです。

リノベーションであれば、新築の購入や築浅物件のリフォームではできない、自分の描いた理想の空間が実現できるのです。

立地条件を優先したい方も、リノベーションを検討してみることをオススメします。