お気軽にお問合わせ下さい
営業時間9:00〜19:00》

住まいのお役立ち情報

家事がラクになる間取りとは?

このところ、新築されたり、リフォームされる方の多くに「家事室」を取り入れる方が増えてきました。

「家事室」は、英語では「ユーティリティスペース」と呼ばれ、役に立つ部屋、多様な使い方のできる部屋という意味です。

日本でも近年、家事をラクにしてくれる部屋として多く採用されるようになりました。

特に、ファミリークローゼットと家事室をセットにしたものや、リモートワーク部屋として使えるワークスペースなどがトレンドです。

 

 

「家事室」と一口に言っても様々

「家事室」には、主に以下のような3つのタイプがあります。

 

・ランドリールーム

洗濯、室内干し、アイロンまでかけられる作業スペースです。動線を工夫することで洗濯家事がかなりラクになります。

 

・ワーキングスペース

仕事や趣味に使いたいスペースです。

リモートワークの普及に伴って、ちょっとしたスペースにカウンターや収納をしつらえ、ワーキングスペースとする使い方が増えています。

 

・パントリー

収納重視の方に重宝されるのがパントリー。勝手口やキッチンに隣接させることで家事がラクになりますよ。

 

「家事室」といっても、必ずしも一部屋ないといけない訳ではありません。

 

キッチン横の余ったスペースにカウンターをつくってワークスペースにしたり、土間に収納スペースを設けてパントリーとしたり……工夫次第で思い思いの空間をつくることができます。

 

日々、仕事と家事に忙しい方からは、

 

「ひと息つける空間があってよかった」

 

「時短に繋がる実感がある」

 

というお声が寄せられています。

 

 

動線のなかに取り入れるのがコツ

「家事室」をつくる最大のメリットは、家事がラクになること。

 

そのため「家事室」の配置を考える際には、家事の中で何を重視したいのかを明確にすると、より効果的になります。

 

例えば、

 

・「家事動線」を超シンプルにして、時短したい場合

キッチン→パントリー→家事室→洗濯洗面所→お風呂

という動線にすれば、家事全般がスムーズになります。時短に繋がり、子育て世代の方に重宝されている動線です。

 

・洗濯重視の場合

リビング→WIC(ウォークインクローゼット)→ランドリールーム→バルコニー

 

ファミリークローゼットとして使えるWICとランドリールームを繋げると家事動線がラクになります。また、ランドリールームに、アイロンがけや洋服をたたむことができる作業台を配置する間取りも増えています。この際、風通しをよくするのもポイントです♪

 

・仕事と家事の両方頑張る方へ

キッチン→家事室

リビング→家事室

 

お仕事と家事の両方に忙しい方には、キッチン横に家事室をつくり、すき間時間にPC作業。それから、子どもを見守りながらできるワークスペースをつくるのもオススメです。

 

・週末にまとめ買い派の方は

勝手口→パントリー

キッチン→パントリー

 

勝手口とパントリーをつなげれば、買い物から帰ってきたらそのまま収納できることができます。あるいは、キッチンに隣接させることもオススメです。

 

是非この機会に、「家事室」について家族で楽しく考えられてはいかがでしょうか?

 

「家事室」は、リフォームで新たに設けることも可能です。

 

家事動線、間取りを見直したいという方は、お気軽にアンサー俱楽部までお問い合わせください♪