お気軽にお問合わせ下さい
営業時間9:00〜19:00》

住まいのお役立ち情報

住宅ローン3つの金利タイプ

今回は、家を買うなら知っておきたい「住宅ローン」の基本と言える3つの金利タイプについてご紹介します。

 

金利タイプには、「固定」「変動」「選択」の3つがあります。

 

選ぶ金利タイプによって、適用金利も総返済額も大きく変わってきますので、ぜひ、検討の際の参考にされてください。

 

 

3つの金利タイプの特徴

・全期間固定金利型

借入期間中の金利が固定されるタイプです。契約時点で金利が決まるので、借りるタイミングが重要になります。

 

3つのタイプのうち、最も金利が高めですが、毎回の返済額と総返済額が固定されるので家計管理がしやすいのが特徴です。

 

・変動金利型

社会情勢に合わせて、利率が変動するタイプです。

3種類の中で最も低金利ですが、「金利」は半年に1度、「返済額」はが5年ごとに見直されるものが多く、場合によっては総返済額がほかのものよりも高くなるリスクがあります。

 

・固定金利選択型

1年、3年、5年、10年、20年など、選んだ期間だけ金利が固定されるタイプです。

金利固定期間が短いほど金利が低くなります。

期間終了後は改めて「固定」「変動」を選ぶことができます。

 

 

自分に合った金利タイプは?

・全期間固定金利型に向いている方

金利変動を追うのが苦手な方や住宅ローンの借り換えが難しそうな方にオススメです。

 

・変動金利型が向いている方

繰り上げ返済で早めにローンを完済したい方や借入額の少ない方にオススメです。

 

・固定金利選択型が向いている方

教育費や他の支払いローンなどがあり、その支払期間に金利変動リスクを負いたくない方に選ばれています。

 

 

住宅ローンは調整が可能

住宅ローンの内容を定期的にチェックして「借り換え」や「繰り上げ返済」「条件の変更」など、メンテナンスをおこなうことをオススメしています。

 

こまめに調整することで、家計の負担をかなり軽減することができます。

 

2019年10月の消費税増税にともなって「住宅ローン減税」や「すまい給付金」など、公的サポートが充実していますので、活用できる制度はどんどん活用していきましょう!

 

いかがでしたか?

 

どの金利タイプを選んでいいか分からないという方や、調べるのが面倒という方は、お気軽にアンサー俱楽部までご相談ください。

 

 

新規借り入れ以外にも、保険や公的制度を合わせた住宅ローンの見直し相談も承っております。

 

「固定費の見直し」は、日々の節約よりもずっと効果が高いのでオススメです!

 

以下の記事も参考にされてみてはいかがでしょうか?

 

住宅ローンを選ぶ時に注意すべきポイントについて

https://baibai.answerclub.co.jp/articles/22889

 

共同名義の住宅ローンの問題点とは?税金や相続面の違い

https://baibai.answerclub.co.jp/articles/31828