お気軽にお問合わせ下さい
営業時間9:00〜19:00》

住まいのお役立ち情報

オール電化って、実際どうなの?

安全でクリーンなイメージのある「オール電化」。

 

光熱費も節約できて、いいことづくしの宣伝が目立ちますが、実際はどうなのでしょうか?

 

今回は、オール電化のメリットだけでなく、弱点についてもしっかりお伝えしていきます。

メリットは4つ

オール電化のメリットは、安全・節約・基本使用料の1本化・災害時の復旧が早い、の4つです。

安全性

 家の中で火を使うことがないので安全です。

ガスは二酸化炭素を発生させますが、それもありません。

調理の際に長時間の加熱があると自動的に止まってくれる機能やタイマーも設定できるので、お子さんやシニアのご家族がいる場合は大きな魅力ではないでしょうか。

 

節約できる

オール電化向けの電気料金プランは、夜間の電気単価が安く設定されているものがほとんど。

その安い夜間電力を利用して、日中に使うお湯を沸かしておいたり、暖房の蓄熱をすることができます。

 

1本化できる

ガスを一切使わないので、基本使用料を1本化できます。

通常の使用料にもよりますが毎月1,000円くらいは節約になるでしょうか。

 

災害時の復旧が早い

災害時に、電気・ガス・水道のなかでいちばん復旧が早いのが電気。

さらに停電時は、電気温水器にたまった水を生活用水として利用できます。

 

デメリットは2つ

初期設置費用が必要

オール電化本体価格と別に工事費用がかかるため、初期費用がかかります。

機器の種類により異なりますが、おおむね30~50万円前後が目安です。

 

IHクッキングヒーターは好みが分かれる

お手入れが簡単なIHクッキングヒーターですが、調理器具はIH対応のものしか使えません。

調理の光熱費に関しては電気もガスも変わりませんが、ガスの方が美味しく仕上がるという声もあります。

 

いかがでしたか?

 

オール電化、最大のメリットは節電にありそうです。そのメリットを最大限に活用するためには、

 

・日中は電気の使用を控えて、洗濯や食器洗浄などは安くなる夜の時間帯にまわす

 

・生活スタイルに合った料金プランを選ぶ

 

などの工夫をすれば、もっとお得になりますよ!