お気軽にお問合わせ下さい
営業時間9:00〜19:00》

住まいのお役立ち情報

家は20代で建てた方がラク?

「20代で家を買うのは早すぎる」という方もいらっしゃるかもしれませんが、20代でマイホームを購入されるお客様が以前に比べて、僅かですが増えています。

 

弊社では、20代でマンションや戸建を購入する社員が多く、特徴のひとつになっています。

 

若くして家を買うというと、大きなリスクを伴うと感じる方もいらっしゃるかもしれませんが、計画次第ではむしろ、20代のうちに家を買った方が多くのメリットがあり、余裕のあるライフプランを立てることができます。

20代で家を買うメリット3つ

月々の返済額が少なくて済む

住宅ローンの借入期間は最長で35年です。仮に25歳で35年の住宅ローンを組んだとすると、60歳で完済できます。

ビジネス現役中に完済できますし、その後は貯蓄に回せるので、安心して老後を過ごせます。

 

老後に余裕がうまれる

いちばんのメリットとしては、毎月の返済額が少なくて済むことです。

住宅ローンは、返済期間が長ければ長いほど月々の返済額が低くなるため、賃貸よりも毎月の支払額が安くなることも!

もちろん、財産としてしっかり残るので、同じように支払うのなら、自分の財産として、しっかり残したいですよね。

 

親に援助をお願いしやすい

20代の親御さんは40代で現役バリバリの方も多いので、援助をお願いしやすいのではないでしょうか?

また、親や祖父母(直系尊属)から住宅を取得するための資金をもらったときに「贈与税」が非課税となる減税制度もありますので、賢くご利用いただけたらと思います。

 

注意点と対処法2つ

転勤の可能性

20代はまだ不確定要素が多く、仕事で転勤する可能性が充分にあります。

そのため、貸しやすい家・売りやすい家を購入した方が実用的。好立地(駅から近い、買い物がしやすい、人気のエリア)の物件や万人受けするデザインを選ぶのがオススメです。

 

収入について

転職や独立起業によって、収入の増減があることを踏まえて、余裕のある返済プランを立てましょう。

 

 

いかがでしたか?

 

家は早いうちに買った方がお得です。

とはいえ、資金計画や家のプランニングなど、不安に感じる要素もあると思います。

そんなときは是非、弊社にお気軽にご相談ください。

 

「頭金ゼロ」でも住宅ローンを組むことができるほか、賢い資金計画についてアドバイスさせていただきますのでご安心ください。