お気軽にお問合わせ下さい
営業時間9:00〜19:00》

住まいのお役立ち情報

家の解体費用の相場とは?解体までの流れや費用を抑えるポイントを解説!

建て替えをしたり、古い家が残った土地を購入したり、住宅とは異なる方法で土地を利用しようと思った時、古い家を解体する必要があります。

「家の解体は高いらしい。」となんとなく考えている人もいると思いますが、解体費用の相場とはどれくらいなのでしょうか?

解体費用の相場をはじめ、解体までの流れや費用を抑えるポイントを解説します。

 

 

家の解体費用の相場

 

家の解体費用は、家の大きさや構造によって異なります。

単純に家が大きいほど費用は高くなりますし、構造でいえば、鉄骨造やRC造の方が木造よりも高くなります。

解体費用の相場

・木造住宅

坪単価3~4万円程度  30坪の場合90万~120万円程度

・鉄骨造住宅

坪単価5~6万円程度  30坪の場合150万~180万円程度

・R C造住宅

坪単価7~8万円程度  30坪の場合210万~240万円程度

 

金額に関わるその他の要素

家の大きさや構造以外にも、様々要素で金額が変わります。

・廃材の量

廃材を処分するのにはお金がかかります。量が多ければ、その分解体費用も高くなってしまいます。

廃材の種類によっても金額が異なり、ガラスや陶磁器、タイルなどの廃棄費用は木くずやコンクリート片の廃棄費用よりも高くなります。

また、産業廃棄物処理施設までの距離が遠いと、運搬費用が高くなります。

 

・解体場所

解体場所が狭く、重機の搬入が難しいなどの場合には、追加の費用がかかる可能性があります。

 

・庭木の処分

庭木の処分が必要であれば、その分別途費用が必要になります。

 

・家屋内残置物の処分

家屋内に家具などの残置物があれば、費用が上乗せされます。

 

・ブロック塀の解体と処分

ブロック塀がある場合、更地にするためにはそれを解体し、処分しなければなりません。これにも費用がかかります。

 

・整地費用

家を建てたり、駐車場にしたりするためには、整地が必要です。傾斜のかかった土地などの場合は、その費用が高くなります。

 

 

家を解体する時の流れ

 

家を解体する時の流れをご紹介します。

①見積もりを取る

解体業者に連絡をして、見積もりをとります。

インターネットや電話で予約をし、現地調査を行ってから詳しい見積もりを出してもらいます。

見積もりから工事日までは1~2ヶ月程度です。

 

②事前準備

業者と工事日が決まったら、工事開始までにご近所に挨拶回りをしましょう。

解体工事では大きな音や振動で、ご近所にご迷惑をおかけする場合があります。

基本的には、解体業者が工事のお知らせをポストなどに入れたり、挨拶回りをしてお知らせしてくれますが、できれば解体を依頼した人が直接お詫びしておいた方が、印象が良いですよ。

 

そのほか、電気やガス、水道を停止し引込線を撤去することも必要ですが、こちらも基本的には業者が実施してくれます。

少しでも費用を抑えるために、こうした対応を自分たちで行うという契約になっていることもありますので、見積もり段階で、業者が行ってくれること、自分たちで行わなければならないことをしっかり確認してください。

 

地域や家族・親族の意向により、解体前に解体祓い、解体後に地鎮祭を実施する場合もあります。

必要であれば、準備しましょう。


自治体に解体に関する補助金制度があれば、こちらも準備が必要です。まずは補助金制度があるかどうか確認してみてください。

 

③解体工事

解体工事は
足場や養生シートの設置→建物内部の解体→建物全体の解体
という流れで進んでいきます。


近隣家屋との距離が十分に取れる場合は、養生シートの設置などせずに解体工事を行うこともあります。

費用を抑えるために養生シートをしないという選択をすると、ご近所トラブルの原因にもなりますのでやめましょう。

 

30坪~40坪程度の家の解体工事期間は、1週間~1ヶ月程度です。

狭いところでの作業や、頑丈な造りの家の作業は、時間がかかる傾向にあります。

 

④廃材の処理

家の解体が終わったら、廃材を分別して搬出します。

 

 

家の解体費用を抑えるためのポイント

 

家の解体費用を少しでも抑えるためのポイントをご紹介します。

 

①複数社で見積もりを取る

解体費用にある程度の相場はありますが、やはり業者によって費用は異なります。

複数社で見積もりをとって納得のいく金額の業者に依頼しましょう。

サービスの内容も異なるので、値段だけで決めてしまわず、よく中身を確認して下さいね。

特に、近隣への配慮があるかどうかや、トラブルがあったときの対応をしっかりしてくれる業者がどうかは重要なポイントです。

担当者の対応などもよく見て、信頼できるかどうか判断しましょう。

 

②家財道具は先に搬出しておく

屋内に家財道具が残っていると、その処分のために費用が高くなります。

できるだけ先に自分たちで処分しておくことで、解体費用を抑えることができるでしょう。

物によっては、リサイクルショップで買取してもらえる可能性があります。

ゴミを処分するのにもお金がかかるので、安くても買い取ってもらえるものは買い取ってもらいましょう。

 

③できる限り庭木を撤去しておく

庭木の撤去にも追加料金が発生します。できる範囲で、先に撤去をしておきましょう。

庭木以外に、草が生い茂っている場合にも整地に手間がかかり、費用が嵩む可能性があります。

雑草などの除去も行っておいた方が良いです。

 

④自治体の補助金を活用する

自治体によっては、家の解体費用に補助金を出してくれる場合があります。

住んでいる自治体にある業者であれば、補助金についてもアドバイスをくれるかもしれませんが、基本的には自分で自治体に問い合わせてみましょう。

補助金制度があっても、条件を満たしていなければ利用できません。

条件についても詳しく確認するようにしてください。

金額は自治体によって異なりますが、解体費用の2割~7割程度の間であることが多いです。

上限額が設定されていることも多いので、併せて確認しましょう。

 

 

最後に

 

家の解体費用は決して安いとはいえませんが、建て替えを行ったり、土地の活用を進めたりするには必要な費用です。

数多くの解体業者がありますので、複数社で見積もりを取り、納得のいく価格で、近隣へ配慮をしてくれる業者に依頼しましょう。

 

土地によっては現在の法律に適合せず、家を解体してしまうと再建築不可になってしまう可能性がありますので、事前に確認しておきましょう。

また、更地にすることで固定資産税が上がる可能性があることも知っておいた方が良いポイントです。

家を解体した後、どのように土地を活用するのかをしっかりと考えてから、解体工事を進めてくださいね。

土地を売却するのであれば、家を残したまま販売するという選択肢もありますよ。