お気軽にお問合わせ下さい
営業時間9:00〜19:00》

住まいのお役立ち情報

購入して大丈夫?ローコスト住宅のメリット・デメリット

ローコスト住宅という言葉を聞いたことはありますか?

夢のマイホームを手に入れたいという方は多いと思いますが、ネックとなるのは、やはりその費用だと思います。

ローコスト住宅は、その名の通り一般的な住宅と比較して安く販売されている住宅のことなので、魅力的に感じるのではないでしょうか。

しかし、安いものにはそれなりの理由があることも多いです。

ローコスト住宅は購入しても大丈夫なのか?そのメリットやデメリットを含めてご紹介しましょう。

 

 

ローコスト住宅とは?

 

ローコスト住宅とは、一般的な住宅(坪単価が60~80万円程度)と比較して安く販売されている住宅のことで、1000万円台まで(坪単価でいうと40万円台~60万円台前半程度)で建てられる家を指すことが多いです。

大手メーカーや工務店がこうしたローコスト住宅を販売しています。

ローコストで家を建てられる理由

なぜこれだけ安く家を建てられるのかについては、いくつか理由があります。

 

・プランをシンプルかつ統一している

他の理由にも関連しますが、建築プランは基本的にシンプルになっていて、ほとんど同じようなプランで複数の住宅が建てられることが多いです。

具体的には、凹凸が多いと建築費が嵩むためできるだけ四角に近いシンプルな間取りにしたり、グレードの低い水回り設備にしたり、コンセントの数を減らしたりという工夫が見られます。

 

・企画を統一している

同じプランやグレードの材料を使って住宅を建てることにより、大量の材料や設備を一括で仕入れることができるので価格を抑えられます。

 

・人件費を抑えている

シンプルな作りの家は工事の手間が少ないので、人件費が抑えられます。

また、同じような住宅を作ることで作業効率が上がることも、人件費の削減になるのです。

 

・広告宣伝費を抑えている

住宅販売では、モデルハウスの建築や全国テレビCMなどを使って広告宣伝を行うことも多いですが、これには大きな広告宣伝費がかかっています。

このコストは、住宅の販売価格にも上乗せされることになるのです。ローコスト住宅ではこうした広告宣伝費も抑えています。

 

 

ローコスト住宅のメリット

 

ローコスト住宅を購入することで得られるメリットとはどんなことがあるでしょうか?

メリット①何より安い!

やはり、ローコスト住宅の1番のメリットは価格が安いことです。

一般的な住宅の約70%程度の費用で戸建て住宅が購入できますから、住宅にかけられる費用が多くない方であっても、戸建てマイホームという夢を実現できる可能性が広がります。

一般的な住宅を建てられるだけの予算がある方であっても、ローコスト住宅にして住宅購入費用を抑えることで、教育費や娯楽費など、別の費用を充実させることもできます。

 

メリット②工期が短い!

一般的な住宅の工期は4~6ヶ月程度であることが多いですが、ローコスト住宅は2~3ヶ月程度であることが多いです。

シンプルな間取りや同様の住宅を多数建設することにより、金額だけではなく工期も短くできるのです。

現在賃貸住宅に住んでいる方であれば、工期が短く、早くに引っ越しができれば、その分の賃貸費用を抑えることができます。

建て替えの間に仮住まいが必要な方も同様です。

また、進学や転職のタイミングに合わせるなど、スケジュール調整もしやすくなるでしょう。

 

メリット③建て替えがしやすい!

ライフスタイルの変化により、最適な住宅の形も変化していきます。

そんな時、ローコスト住宅では建て替えという判断がしやすいといえます。

長く住む家を一度建てるのも一つですが、安い家を建てて、ライフスタイルの変化の応じて建て替えをしたいという方にとってはぴったりですね。

 

 

ローコスト住宅のデメリット

 

後悔しないように、ローコスト住宅のデメリットについても理解しておきましょう。

デメリット①機能性に劣る

建築基準法にそって建築されているので、最低限の品質が保証されているのは間違いありませんが、耐熱性や耐震性、断熱性や遮音性などを強化した住宅と比較すると、機能性が高いとはいえません。

光熱費なども高くつく可能性があります。

建物自体以外にも、水回りの設備や壁紙などの品質も低くなっているので、耐久性や使い勝手の面で、物足りないと感じる可能性もあるでしょう。

また、見た目の印象として「標準的」と感じてしまうこともあります。

 

デメリット②メンテナンス費用が高くなる可能性がある

機能性が低い材料や設備の場合、早いタイミングで修理や補修が必要となることがあり、結果的にメンテナンス費用が高くなってしまう可能性があります。

住宅の購入費用は安くても、長い目で見たトータルコストは割高になってしまうかもしれません。

 

デメリット③オプションが割高であることが多い

ローコスト住宅のオプションは割高であることが多いです。

次から次へとオプションを追加していると一般住宅と同じような性能・設備になり、価格はローコスト住宅+オプションの方が高くなってしまうなんてことにもなりかねません。

性能や設備にこだわりたいのであれば、一般住宅の価格や性能・設備もよく調べておいた方が良いでしょう。

 

デメリット④保証期間が短い傾向にある

法律で10年保証は義務化されていますが、高性能住宅の場合、30年や60年といった長期保証があることが多いです

ローコスト住宅の場合、保証期間は短めに設定されていることが多いので、この点にも注意しておいた方が良いでしょう。

ただし、メーカーを選べば、ローコスト住宅でも長期保証がついています。

 

 

ローコスト住宅を購入する時の注意点

 

ローコスト住宅の安さは、やはり大きな魅力です。

ローコストとはいえ、最低限の基準は満たして建てられていますから、基本的には安心して生活することができるはずです。

日々の生活を十分にイメージし、生活の中で何を重視したいのかを明確にすることで、ローコスト住宅で満足ができるのかできないのか判断しましょう。

また、住宅の購入価格だけでなく、20年、30年と住んだ場合の住宅に関するトータルコストもしっかりと考えることもポイント!

よく検討して、後悔のない住宅購入をしてくださいね。