お気軽にお問合わせ下さい
営業時間9:00〜19:00》

住まいのお役立ち情報

エコと節約を兼ねた省エネ術、どうしたらいい?

 

新しい年が始まり心機一転、目標を掲げた人も多いでしょう。

目標の中には、「貯金」「節約」という人もいるのではないでしょうか。

 

寒い冬、暖房器具は欠かせませんが電気代や灯油代もうなぎ上りする季節です。

今回は、冬の効率的な省エネ術について考えたいと思います。

寒さを感じる理由は湿度も関係あり!そもそも、「寒い」「暑い」といった体感温度を感じるのはなぜでしょうか?

体感温度は気温以外にも色々な要因によって上がったり下がったりするものです。

その要因の一つが湿度。

 

室内で快適に過ごせる湿度は40%~60%と言われています。

逆に40%以下になると肌の乾燥やのどの痛みをはじめ、寒さを強く感じるようになるのです。

湿度が10%~15%上がると、体感温度が1℃上がると言われています。

このため、湿度を利用して、暖かく感じたい場合は室内の湿度を少し高めの50%~60%の間に保てばいいということになります。

冬に加湿器が良く売れる理由は、乾燥もありますが湿度によって体感温度が変化するという理由もあることはあまり知らなかったのではないでしょうか。

 

加湿器がなくても、洗濯物を部屋干しするだけでも湿度は変わります。

洗濯物の匂いが気になる人もいると思いますが、冬は元々空気が乾燥しているので夏ほど匂いは気にならないもの。

部屋干し用の洗剤を使うだけで解決できることが大半です。

 

 

部屋を暖かく保つ工夫例

 

他にも、部屋の暖かさを逃さない方法は幾つかあります。

厚手のカーテンを取り付ける

カーテンは一度取り付けると、季節ごとに交換するのが面倒でそのまま年中使う人も珍しくありません。

しかし、薄手のカーテンは冷気をシャットアウトできず、部屋の暖かさを逃がしてしまいます。

厚手で床ギリギリまであるカーテンを取り付けることで、部屋の熱を逃さず、窓からの冷気をシャットアウトして部屋の温度を保つことができます。

湯たんぽを活用

湯たんぽは昔からエコなアイテムとして重宝されてきました。

じんわりとした温かさが長続きするため、非常にエコな暖房器具です。

お湯を入れるものが定番ですが、最近は電子レンジで温めて使うものもメジャーになってきました。

海外でも割と使われており、夜寝る前に布団を温めたり、部屋で過ごす際に使ったりと使い方は様々です。

冷めたお湯は、水やりに使う・洗濯する際に入れるなど再利用できます。

番外編 何度も使えるカイロ

カイロといえば使い捨てのものが多く売られています。

しかし、繰り返し使えるカイロが増えてきました。

例えば、100年近い歴史を持つハクキンカイロは少し使い方のコツさえ覚えれば何度でも繰り返し使え、非常にエコで海外でも注目されています。

他にも、充電式カイロなど繰り返し使えるものが増えていますので、手先を温めるのにパソコン等のUSBで充電してカイロを使うということも可能になってきています。

 

 

エアコンのフィルター掃除などもこまめに

暖房器具としてエアコンや石油ストーブも非常に大切です。

エアコンは外気との温度差が大きいほどパワーを使うため、夏より冬のほうがエネルギーをより多く使うと言われています。

フィルター掃除をこまめにし、設定温度を少し下げ、加湿器併用で体感温度はグッと上がります。

また、暖かい空気は上に、冷たい空気は下に溜まりやすいのでサーキュラーなどで部屋の空気を循環させることも有効です。

 

電気代が上がりやすい季節だからこそ、エコと省エネで乗り切りましょう。

具体的にどれ位の効果があるのか知りたい方は、資源エネルギー庁のサイトも参考にしてみてください。

https://www.enecho.meti.go.jp/category/saving_and_new/saving/general/howto/airconditioning/index.html