お気軽にお問合わせ下さい
営業時間9:00〜19:00》

住まいのお役立ち情報

家事動線 効率的な収納や配置は?【洗濯編】

家事動線は、快適で効率的な家事には欠かせないもの。

特にフルタイムで働いていたり、子どもから目が離せなかったりするときに、短時間でスマートな動きでできるとすごく助かります。

今回は、洗濯の家事動線について考えてみます。

 

 

洗濯で必要となる動作

洗濯で必要となる動作は何が考えられるでしょうか。

 

・洗った洗濯物を取り出し、ベランダや庭へ運んで干す

・洗濯物を取り込み、家の中へ運び、たたむ

・たたんだ洗濯物を仕分けして各部屋へ運び、収納する

 

意外と移動や仕分けが多いことに気づきます。

移動や動作を減らすことが、洗濯の負担を軽減することに繋がりそうです。

では、具体的にどうしたらいいのか考えてみましょう。

 

 

洗濯を楽にする提案

家の間取りなどによって、実現しづらいこともありますが、ひとつは洗う→干すの距離を近くすること。

例えば、戸建てでよくあるのが1Fの洗面所に洗濯機、2Fのベランダに干すという流れ。

洗濯機から出した洗濯物が、できるだけ近くに干せると時短になります。

洗濯機のある場所が洗面所・お風呂場の近くということも多いので、お風呂場に干せる場所を作っておくと便利です。

 

次に洗濯を楽にするポイントは、とりこむ→たたむを近くすること。

取り込んだ洗濯物をリビングなどに持って行ってたたんでいませんか?

特に洗濯物をとりこむ時間帯は夕飯の支度・お風呂の準備や買い物と忙しいタイミングです。

取り込む場所とたたむ場所を知覚することは非常に重要。移動の手間が減ります。

 

最後は、たたむ→収納を近くすること。

洗濯物を家族ごとに分けてそれぞれの部屋に、タオルや下着は洗面所へ…それぞれの部屋に持って行くのは意外と時間がかかり、手間。

家族の年齢にもよりますが、自分の洗濯物は自分でたたんでもらうようにカゴごとに入れて渡す、ハンガーのまま収納するなどの対応が有効です。

 

 

洗濯物=日光に当てる必要はない!

 

「洗濯物は日光に当てて乾かさないといけない」という思い込みを捨てることも有効です。

現在は、乾燥機も機能が向上しており洗濯物を簡単に乾かすこともできますし、風呂場などに室内乾燥できる干し場を作ることも可能。

できるだけ生活スタイルに合わせて、無理のない動作に変えていくことも大切になります。

もし、これから戸建てで注文住宅を作るのであれば、料理や掃除も含めて無理のない動きができる動線を考えて間取りを作ってみてください。

マンションなどで間取りを変えられない場合でも、部屋に干せるようにしたり、エアコンの室内干し機能を使ったりすることも検討しましょう。

 

日々おこなう家事だからこそ、できるだけ楽にすることはとても大切です。

必ず朝洗濯機を回して、夕方に取り込む必要もありません。

環境が許すのであれば、夜に洗濯しても問題はありません。

洗濯機・乾燥機・エアコンや洗剤…日々楽に快適になるよう改良されている今日この頃。

ぜひうまく使って、負担を減らしてみてくださいね。