お気軽にお問合わせ下さい
営業時間9:00〜19:00》

住まいのお役立ち情報

家賃を払うのがもったいないなと感じはじめた方へ

「毎月の賃料がもったいないから」

「将来、資産になるから」

と住宅購入をお考えの方もいらっしゃるのではないでしょうか?

実際に多くの方が、上記の理由で住宅を購入されています。

 

人によってライフプランや状況が異なるため、賃貸よりも購入の方が絶対にお得!と言い切ることはできませんが、住宅ローンの金利が低く、減税や給付金といった支援制度が充実している現在は、住宅購入のひとつの機会と言えるかもしれません。

 

とはいえ、住宅は「一生に一度あるかないか」の大きな買い物ですから、慎重に選びたいですよね。

そこで今回は、リスクを抑えて住宅を購入する方法をいくつかご紹介します。

 

購入リスクを下げるには

新築同様に住宅ローン減税や給付金などを活用でき、新築よりも経済的負担が軽いことから、中古住宅がたいへん人気です。

 

中古住宅市場では、中古×リノベーション物件がすっかり定着し、内装はまるで新築ながらも、毎月の支払い額が賃貸時と変わらないケースが多いことから、たくさんの方に喜ばれています。

 

例えば、33歳のYさんは、お子さんが生まれたのを理由に新居を探されていました。

賃貸時は月7万円の3LDKにお住まいでしたが、リノベーション済みの中古戸建を購入。

4LDKと間取りが広くなったにも関わらず、毎月の支払いは賃貸時と同じ7万円。

頭金の準備が少々必要だったとはいえ、希望の間取りに住むことができて、非常に満足されています。

 

住宅ローンには、万が一に備えた「支払い補償」があるのですが、それが購入の最後の決め手となったようです。

 

7万円の賃貸に8年住んだYさん。

7万円×12(ヶ月)×8(年)=672万円

になるので、もっと早くに購入しておけばよかったと仰っていました。

 

具体的にライフプランを
シュミレーションしてみる

住宅を購入したいけど、不安がぬぐえないという方や自分に合ったライフプランを見直したいという方は、ファイナンシャルプランナーに、相談してみるのもひとつの方法です。

 

・頭金がいくら必要なのか?

・賃貸と購入を比較したい

・自分に合った住宅ローンを選ぶには?

・利用できる給付金の種類は?

・子育て費用はどのくらい必要?

・老後の貯金の仕方は?

 

などをシュミレーションして、目安を立てることができます。

 

現在では、保障内容が手厚いプランが充実しているので、どんな種類があるのか、種類を知るだけでも前向きになれるかと思います。

 

賃貸と購入比較に関する詳細はこちら↓

「はたして住宅は購入か賃貸か?それぞれのメリット・デメリットを比較してみよう」

https://baibai.answerclub.co.jp/articles/22882

 

弊社にもファイナンシャルプランナーの資格をもったスタッフが在籍しておりますので、お気軽にご相談ください。

 

リノベーション事例はこちらから↓

https://www.instagram.com/answerreform/

 

中古住宅×リノベーション物件はこちら

https://baibai.answerclub.co.jp/used-renovation.html