お気軽にお問合わせ下さい
営業時間9:00〜19:00》

契約・ローン・金利

エリア紹介

購入時のポイント

住宅探しのポイント

契約・ローン・金利

売却・査定

お金の話

リフォーム・リノベーション

その他

団体信用生命保険って?しっかり内容を把握して契約を

契約・ローン・金利

2022/02/14

団体信用生命保険って?しっかり内容を把握して契約を

家を買うとき、住宅ローンを組む方が聞く言葉のひとつに団体信用生命保険があります。ただでさえ、住宅購入は一生に一度の買い物と言う方が多いはず。なのに、聞き慣れない言葉や手続きがたくさん出てきて理解するのも一苦労です。今回は、団体信用生命保険について解説します。

住宅ローン審査で連帯保証人が必要な場合 専門家へ相談も視野に!

契約・ローン・金利

2022/02/14

住宅ローン審査で連帯保証人が必要な場合 専門家へ相談も視野に!

人生の三大出費のひとつ、住宅費。購入時にすべて現金払いできる人は限られた人で、大半の人は住宅ローンを組みます。その際、連帯保証人が必要なケースも見られます。住宅ローンを組む際は、ライフプランも含めて、FPなどの専門家を活用することも大切。今回は住宅ローンの審査における連帯保証人について考えてみましょう。

住宅ローン3つの金利タイプ

契約・ローン・金利

2021/07/26

住宅ローン3つの金利タイプ

今回は、家を買うなら知っておきたい「住宅ローン」の基本と言える3つの金利タイプについてご紹介します。 金利タイプには、「固定」「変動」「選択」の3つがあります。 選ぶ金利タイプによって、適用金利も総返済額も大きく変わってきますので、ぜひ、検討の際の参考にされてください。

低金利が続くのはいつまで? マイホームを取得する準備の始め時とは?

契約・ローン・金利

2020/10/30

低金利が続くのはいつまで? マイホームを取得する準備の始め時とは?

住宅ローンの金利は「史上最低」「過去最低」といわれています。と言うのも、日本は景気回復のために、しばらく低金利政策やゼロ金利政策がとられているからです。住宅ローンは借りる側からすると、金利は低ければ低い方がありがたいもの。そして、この低金利はいつまで続くのでしょうか?

【住宅ローンは対象外】新型コロナによる「住居確保給付金」の支給範囲拡大について

契約・ローン・金利

2020/05/30

【住宅ローンは対象外】新型コロナによる「住居確保給付金」の支給範囲拡大について

新型コロナウイルスによる緊急事態宣言を受けて、多くの事業者が休業や営業時間の短縮を行っています。それにより自宅待機や退職で収入が減少した方も多く発生しています。そこで今回、家計の多くを占める住まいの家賃分を支援する「住居確保給付金」についてご説明します。合わせて住宅ローンに関する救済制度の有無についてもご紹介します。

住宅ローンが払えない!手放したくないときの対処法とは

契約・ローン・金利

2020/05/30

住宅ローンが払えない!手放したくないときの対処法とは

住宅ローンを借り入れる際には入念に資金計画を立ててから購入しているはず。しかし、コロナ騒動による会社の倒産や収入の減少などで住宅ローンが支払えなくなるケースも考えられます。こうした自体に陥ったとき、自宅を取られるのを避けるために、どのような対処法が取れるのでしょうか。住宅ローンを少しでも軽くする方法や売却しても住み続ける方法などについて詳しく解説します。

共同名義の住宅ローンの問題点とは?税金や相続面の違い

契約・ローン・金利

2020/05/16

共同名義の住宅ローンの問題点とは?税金や相続面の違い

不動産を購入するときは住宅ローンを組むのが一般的です。夫婦で共働きの家庭も増えていて、共有名義でのマイホーム購入を検討している方も多いでしょう。そこで今回、共有名義と単独名義の違いと、共有名義で不動産を購入するメリット・デメリットを詳しく解説します。登記の種類は、購入時のことだけでなく、将来の生活まで検討したうえで、慎重に判断するようにしましょう。

印紙税の金額は?不動産売買契約書に貼る収入印紙ってそもそも何?

契約・ローン・金利

2019/12/09

印紙税の金額は?不動産売買契約書に貼る収入印紙ってそもそも何?

土地や不動産物件の売買を行う際、売主と買主の間で交わす契約書には印紙が貼り付けられます。印紙は印紙税を納付するための、切手状のものです。印紙税の支払いは印税法で定められており、不動産売買契約書や建築工事請負契約書などの契約書には、必ず貼る必要があります。本記事では、「印紙とはなにか」「貼らないとどうなるのか」などについて詳しく解説しています。不動産の売買を考えている人は、ぜひ参考にしてみてください

【解説】中古マンション購入で住宅ローン控除を受ける条件とは?

契約・ローン・金利

2019/09/25

【解説】中古マンション購入で住宅ローン控除を受ける条件とは?

近年、手が出しやすい価格の中古マンションが増えています。金利負担を軽減できる住宅ローン控除は、中古マンション購入にも適用できることをご存知でしょうか?さらに2019年10月以降は「次世代住宅ポイント制度」も始まるなど、さらに受け取れる金額が増えているので、購入を検討されている方は、忘れずにチェックしておきましょう。本記事では、住宅ローン控除の仕組みと必要な手続き、次世代住宅ポイント制度まで詳しく解説しています。ぜひ参考にしてみてくださいね。 住宅ローン控除とは? はじめに、住宅ローン控除、正式には「住宅借入金等特別控除」という制度について簡単にご説明します。住宅ローン控除は、マンション・戸建…

年収とローンの関係と「買える住宅の目安」

契約・ローン・金利

2019/07/23

年収とローンの関係と「買える住宅の目安」

住宅購入の際に、多くの方が利用するのが「住宅ローン」。「自分の年収でいくら借りれるのか」「住宅ローンの目安はいくらだろう」など、借入額の目安を知りたいという声をよく耳にします。一方で、よく聞かれる「住宅ローンは年収の◯倍」を鵜呑みにすると、身の丈に合わないローンを抱えてしまうことも。そこで、本記事では住宅ローンの借入額についての考え方と現実的な借入額の目安についてご紹介します。 住宅ローンは年収の◯倍を鵜呑みにしない 住宅ローンについてよく聞かれる、「住宅ローンは年収の5倍以内に収める」や「年間返済額を年収の25%以内に収める」といった話を鵜呑みにしないようにしましょう。自分が返済できる金額…